格格の北京日記


もうすぐ春ですね

最近やたらと暖かい。
冬と同じコートを着込んで出かけたら、暑くて耐えられなくなった。
それくらい暖かい。

春節からどんどん暖かくなっている。
春節とはよく言ったもので、春の訪れを実感できる。
暖かくなるのはうれしい反面、冬の間の楽しみだったスケートができなくなるのは寂しい。
もうじき春一番も吹くだろう。
こっちの春一番、それは黄砂の襲来を意味する。
恐ろしいことに、今年は特に多いらしいのだが。


そして今日は元宵節。
旧暦十五日、新年最初の十五夜だ。
伝統的なお正月はこの日で締めになり、明日からは通常に戻る。
この日はあんこ入りの団子スープ「湯円」を食べ、提灯を灯してお祝いする。
スパーでは湯円と提灯がたくさん売られていた。
様々な形、大きさの提灯が並んでいたが、なかには偽ドラえもんの提灯などもあり笑えた。
怪しいプラスチック製の偽ドラ提灯は、腹の部分にタケコプターがついていて、電源を入れると光と音を発しながらタケコプターが回転し、ドラえもん自身も回転を始めるのだ。

今夜は北京の爆竹解禁最終日である。
街中の人々が、蓄えていた花火と爆竹を消費してしまおうとガンガン鳴らしている。
だから年越しの時同様に、おもては非常に白熱している。
大輪の花火のすぐ横に、まん丸な朧の満月が昇っていた。

昨日携帯メールに北京市政府からのショートメールが送られてきた。
「爆竹解禁日は21日までなので、安全にやりましょう」
明日からは花火をやるのは禁止。
静かな夜がかえってくるのはありがたい反面、やはり寂しい。

今週から新学期もスタートした。
帰省していた学生達も帰ってきて、学校に活気が戻った。
今まで休みをだらだら過ごしてしまったが、これから気を引き締めていかないと。
[PR]
by dagege | 2008-02-21 22:28

<< 小康社会      幸せの黄色い紐 >>

北京に留学している格格の日記です。中国のおもしろ体験を紹介できたらと思います。格格はゲゲと読みます。満洲語の女性の敬称で、お姉さん、娘、お嬢さん、お姫様など場合に応じて使い分けられます。
by dagege
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧