格格の北京日記


小康社会

近所のスーパーに買い物に行った。

寒い。
今日は寒い。風が冷たい。
前回の記事ではもう春気分だったのに、また冬がぶり返してきました。
暑さ寒さも彼岸までなのでしょう。
暖かい日、寒い日、交互に来そうなのでまだ油断できない。

スーパーの出入り口に軽食を売るコーナーがあり、そこの焼餅がお気に入りだったのだが、春節前は3元で買えた焼餅が3.5元に値上がりしているではないか!
0.5元とはいえ値上がりの事実にショックを受け、買う気をなくしてしまった。
こんな感じで世の中どんどん値上がりしている。
学校内の喫茶店のコーヒーも、以前は1杯頼むとおかわりもう1杯は無料だったのに、いつのまにかおかわりは半額プラスになっていた。実質的値上げだ。

物価の値上がりには今年の雪害も影響している。
野菜や肉の栽培が大きなダメージを受けているのだ。
政府は雪害の物価への影響は大したことはないなどと発表していたが。

話は変わるが、今月になってから私の生活には少々変化が出てきた。
まず、半年で帰国した友人がいろいろ物を置いていってくれたおかげで、私の部屋が物質的に充実してきた。
それにともない、心に少々ゆとりが出てきたのか生活に直接必要のないものまで買うようになっていた。
以前は生活に必要最低限な物しか買わない主義だった。
どうせここは仮の住まい。いずれ帰国するときに持ち帰るか捨てるか選択を迫られるのだから、なるべく買わないようにしようと、この半年大したものを買わずにいたのだが。
どうやら人間、生活にゆとりをもたせるには必要最低限のものだけではダメらしい。
最近は周りの友人達がなかなか高尚な趣味を持っているので、私も影響を受けて文化を受容し、文明化されてきた。

まず中国茶にはまりだした。
友人に馬連道の茶街に連れて行ってもらった。
通りには茶屋だらけだ。
いろいろなお茶を試飲させてもらえてとても楽しかった。
茶器でいれるお茶はおいしい。
プーアル茶、鉄観音、キーメン紅茶、バラ茶など数種類のお茶を集めて飲んでいる。
それぞれ味も香りも違っていて、奥深い魅力がある。

それから香り。
お香好きの友人の影響で、お香などを買ってみた。
今部屋では白檀の香りのお香をたいている。
心が落ち着く。

それから植物。
植物好きの友人は大きな蘭の花を買っていたが、さすがにそれは私には手が出ない。
つつましくヒヤシンスの球根を買って、部屋で栽培することにした。
毎日少しずつ成長を見ると言う楽しみができた。

半年たって生活に少しゆとりができたのだろう。
私も小康社会といったところだろうか。
[PR]
by dagege | 2008-02-24 22:41

     もうすぐ春ですね >>

北京に留学している格格の日記です。中国のおもしろ体験を紹介できたらと思います。格格はゲゲと読みます。満洲語の女性の敬称で、お姉さん、娘、お嬢さん、お姫様など場合に応じて使い分けられます。
by dagege
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧