格格の北京日記


人は脳で食べている

北京大の湖にスケートに行く。

今年に入って3回目だ。
第1回目はやたらと転びまくったが、もう慣れたので、結構スピードを出してスイスイ滑れるようになった。
また、今年になってから練習を始めた後滑りも、コツをつかんでちゃんと後ろ向きに滑れるようになった。
確実に上達できて楽しい。
それにスケートはいい運動になる。
滑り続けていると着込んでいるのが暑くなる。止まると寒いが、動けば暑いのでずっと滑り続けていた。2時間滑り続けると、全身の筋肉を使ったなあという充実感が得られた。
スケートは日頃の運動不足解消に一役買っている。


スケート後、北京大南門付近の雲南料理屋で夕食。
雲南料理としてはオーソドックスな米線(米の麺)やパイナップルライス、鳥鍋などもおいしかった。筒肉やジャガイモボール、ジャガイモのすりつぶしはあっさりしていて口に合う。

ところで、ここのレストランの売りはタイ族風味だというので、何か面白そうなのを頼んでみようとした時に、私の目に留まったのが、「タイ族風味地参」という文字だった。

「地参」ってなだろう?
「地三鮮」(ジャガイモ、ピーマン、ナスなどの炒め物)かなんかかな?
タイ族風味って書いてあるから頼んでみようか。
というわけで、適当に頼んでしまったのだが…


出てきたのは
f0152904_1855338.jpg

こんなものだった。


なにやら不思議な茶色い物体を揚げている。
これは一体???

1人が、これは蚕の幼虫を揚げたものではないかと推測した。
なるほど、地参と地蚕は発音も似ていそうだ。
虫のように節くれだっているし、端の部分も虫の頭みたいに見えなくはない。
私はなんてものを頼んでしまったんだ!という激しい後悔の念に襲われた。

みんな、ごめんなさい。こんなグロいものを頼んでしまって。
私が食べます。

一緒についてきたスパイス入りの塩をつけて、あまり見ないようにして食べてみると、カリっと揚がっていて、少し苦味があるが、ビールによくあいそうな味だった。
きっと虫だと思わなければおいしく食べられるものなんだろうな、などと思った。

みんなも食べてくれたが、味は悪くないという評判だった。
ただ、グロテスクな外見はあまり見たくないという意見が大勢だった。
虫も揚げてしまえばこんな味なんだね、面白い経験をした、ということになったのだった。





さて、翌日

辞書を引いたついでに、昨日の「地参」を引いてみた。

地参(di4shen1)→知母 
ハナスゲ(チモ):ユリ科の多年草草木、その根茎は薬用(滋養、解熱、鎮静)される。
(中日大事典)


私達はすっかり虫を食べた気になって戦々恐々としていたのに、なんのことはない、ただの植物の根っこにすぎなかったのだ。
まったく滑稽な話だ。


そういえば、以前旅行中に入ったレストランでのこと。
そこは水槽に蛙だとか蛇だとかがいるようなところだった。
そして適当に注文して出てきた料理には、なにやらぶつ切りの細長い肉が入っている。

まさか、蛇?

そう思いだすと食べた気がしなかったが、あとで聞くとただの鰻だった。
蛇だと疑ってビクビクしながら食べた時と、後から鰻だとわかって安心して食べたのでは、同じ料理なのに味が全然違った。

同じ料理でも意識の持ちようで味は全く違って感じるのだ。
人間は舌ではなく、脳で味わっているのだなとつくづく思ったのでありました。
[PR]
# by dagege | 2008-02-03 18:44


新秩序

北京大の未名湖でスケートをした。
スケートは今年に入ってから2回目だ。

北京大の湖は冬は天然スケートリンクになり、貸し靴屋、貸しそり屋などが現れて商売をする。
スケート靴は10元で滑り放題だ。

湖は貸し靴屋が勝手に商売をしていて、氷上で遊ぶ人々もそれぞれ勝手に遊んでいる無政府状態だった。前回までは。

ところが今日行ってみると、いつもと様子が違う。

すべっていい場所の周囲にベンチが置かれ、ロープも張られ、スケートリンクっぽくなっている。
氷が薄いところには危険だから近づくなという立て札。
周囲にはちゃんと監視する人もおり、注意を促す放送も流れる。
前回まではスケートもそりもホッケーも混在し、非常に危険だったが、今回はちゃんと住み分けもされていた。

前回は氷が薄いところは自分で気をつけて近づかないようにしなければならなかった。
薄いところは湿っていて色が違うのでだいたいわかるのだが。
今回は安全区域が明示されていて安心して滑ることができた。

氷の整備がされておらず、コンディションが非常に悪い以外は、スケートリンクっぽい体裁を整えつつあった。

学校側はどうして急に管理する気になったのだろうか。
事故でも起きたのだろうか?

新秩序の構築により快適性と安全性が増した。
一抹の不安は、今後学校側が管理費と称してリンク代を請求しだしたりしないかということだ。
北京人の冬の楽しみとして湖を開放し続けてほしい。
[PR]
# by dagege | 2008-01-27 23:09


大掃除

今日はなぜか掃除がしたい気分になったので、大掃除をしてみた。

12月末は南京から帰って疲れていたところに、誕生会やら忘年会やらが重なって、大掃除をしそこねた。
今は中国の年末、旧暦で大掃除だ。

この半年間で溜まった埃を刷きだし、雑巾で水拭き。
汚れが溜まっている溜まっている。

そして、大した物がないはずのこの部屋にも、いろいろゴミが溜まっていた。
旅行先であつめたパンフレットやチケット。
こうゆうものはどうも捨てづらい。
私は物を捨てるのが苦手なのだ。
パンフレットなどは、捨てると思い出を手放すようで寂しさを感じてしまう。
でも片付けるためには、心を鬼にして捨てなくては。

今年は部屋の中をすっきりさせて、勉強の効率も上げたい。
[PR]
# by dagege | 2008-01-26 20:21


不可解な掲示

昨日のことである。

夕方、帰ってくると留学生寮のホールに掲示がしてあった。
留学生行事の案内だ。

故宮と雑技参観、無料。

故宮のチケットは高いし、タダで連れて行ってくれるなら是非申し込もう。

と思ったところ、なんとそれは23日出発。
もう終わっているではないか。
しかし、なんとも解せないのはその募集のやり方である。

23日午後の出発なのに、23日の日付で張り出し、23日の午前までに留学生事務室に申し込めと書いてある。
しかし、私はその日の午前10時頃、用があり外出したがそんな掲示は確かになかった。

だいたいからして、出発日当日に掲示をして、その日の午前中に申し込めとはどうなっているのだ?
そんな掲示を一体誰が見ることができるのだろうか。
そして何人が参加できるというのだろうか?
せめて前日までに掲示しておくべきではないのか?
これでは参加して欲しくないと言っているような物である。

おそらく留学生事務室の本音は、学生達に参加して欲しくなかったのだろう。
きっと本来組んであった故宮参観ツアーの予算を丸ごと懐に入れるために、わざと学生がどうしたって参加できないような掲示の仕方をしたに違いないのだ。
それを、一応は予定通りに故宮参観を募集したけど、誰も申し込まなかったから中止にしたという形式だけ踏んだのだろう。

こうゆう小ざかしいことをされると非常に腹立たしい。
[PR]
# by dagege | 2008-01-24 23:59


静かな学校

すでに学校は冬休み期間に入ってた。
最近、めっきり人が少なくなって寂しい。

試験期間が終わると中国人学生達はすぐに実家へ帰っていた。
学生達の列車のチケットは学校が手配し、早々と実家へ帰らせる。
そうしないと、一般労働者の帰省ラッシュにぶつかってしまう。

留学生達も帰国したり旅行に行ったりで、寮に残っているのはわずかだ。
そんなわけで校内は人気がなくがらんとしている。
やたらと人恋しくなる今日この頃なのだ。

すでに帰省ラッシュは始まっている。
列車のチケット売り場には長蛇の列ができ、普段なら普通に買えるチケットがもう購入不可能になっている。
この時期のチケットは学校やら職場やらが先に押さえて、その余りしか市場に出回らないようだ。
だからこの時期に旅行をしようと思ったら、早い時期から旅行社などに切符の予約を入れておかなくてはならない。

今からどこかへ旅行しようとしても切符はとれそうにないし、大混雑に巻き込まれるのは目に見えている。
以前春節期間に旅行して、帰りの切符が買えず、高い手数料をダフ屋に払っても硬座しか手に入らず、長時間へとへとになったことがあるし。

そんなわけで、旅行は混雑が過ぎてからにして、今回は北京の春節をゆっくりと過ごしたいと思う。
こんな時こそ勉強に集中するべきなんだわ。
怠けないようにしないと。
[PR]
# by dagege | 2008-01-24 02:32

    

北京に留学している格格の日記です。中国のおもしろ体験を紹介できたらと思います。格格はゲゲと読みます。満洲語の女性の敬称で、お姉さん、娘、お嬢さん、お姫様など場合に応じて使い分けられます。
by dagege
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧