格格の北京日記


これってセクハラ?!

中国と日本では人と人の距離感が違う。

中国人は人と人の関係を非常に重視し、万事がそれで動く。
ようするにコネ社会で、コネがなければとんでもなく苦労させられたり、不可能だったりすることでも、コネさえあれば簡単に片付いてしまうこともある。

人と人の関係も濃厚だ。
特に教師と学生の関係は重要で、親子関係に近いものがあるようだ。
日本では母の日、父の日はあっても教師の日というものはないが、中国では9月10日の教師の日に学生が先生に感謝の気持ちを表す。
中国人に、日本には教師の日はないと言ったら、日本では教師を大切にしないのかと変な顔をされた。


人民大の先生はいい先生ばかりで、特に指導教官の先生にはいろいろとお世話になり非常に感謝している。

しかし、最近よその先生にいたく気に入られてしまい、ちょっと困っているのだ。
日本的に言えば、これってセクハラ?!と思いたくなるのだが、日本と中国では感覚が違うのだろうか?単に私が気にしすぎなのか?
悩んでしまう。


事例1
あるシンポジウムで会った先生に、酒の席で触られた。腰の下のほう…。
やめてよ気持ち悪い。中国ではお触りはありなの?

事例2
別の先生だが、えらく気に入られてしょっちゅう一緒に飲もうと誘ってくる。
都合が悪いと断ると、そこで引き下がらずに、いつだったら空いているかと執拗に予定を聞いてくる。

このような場合はどうやって対処したらいいのだろうか?
中国の女学生ならどうするのだろうか?
相手がえらい先生だった怒らせるわけにはいかない。
怒らせたら自分がどんどん不利になるだけだ。
こちらの立場は勉強させてもらいに来ている一介の留学生にすぎないのだから。
そうやって拒否できないでいると、どんどんストレスが溜まっていくんだな。


そしてなぜか私は若い男性ではなく、おじ様に気に入られてしまう傾向があるようだ。
非常に困ります。
[PR]
# by dagege | 2008-01-22 19:10


温家宝とブラウンがやってきた

夕方、出かけようと学校の門まで出てくると、いつもと違う雰囲気が漂っていた。

いつもタクシーがたむろしているタクシー乗り場には、タクシーではなくパトカーが何台も止まっており、あたりには警官と軍人がやたらとたくさんいる。

そして交通規制がされており、車の通行がちょうど人民大の門のあたりから止められていた。止められている車は長蛇の列となり、交通混乱、大渋滞だ。
夕方の中関村大街は普段からひどい渋滞なのだが、今日の渋滞は殺人的である。

異様な雰囲気に、事件?事故?と思い近くにいた警察官にしゃべりかけてみた。

「今日何かあったんですか?」

すると警察官は、「夕方のニュースでも見ろ」としか答えてくれなかった。


いぶかしがりながらタクシーが捕まえられそうな場所まで離れていったが、警察官の配置はずーーっと続いていた。

ようやくタクシーを捕まえ乗り込むと、運転手に聞いてみた。
「今日何かあったの?」
「ああ、この警備は政府の偉い人でも来てるんだろう」
運転手は誰が来ているのかは知らなかったが、警備状況を見て、
「この警備なら副総理以上だな」と予測して見せた。


そう、今日は人民大学に温家宝総理とイギリスのブラウン首相が訪問し、人民大の体育館で中英卓球選手の試合を観戦していたのだ。
運転手の予想は見事に当たった。
きっと日頃からこんな大掛かりな警備と大渋滞に巻き込まれることはよくあるのだろう。

私が出くわしたのは、夕方ちょうど彼らが帰るのを警備するための交通規制中だった。
もう少し門のところで張っていれば彼らが帰るところを拝めたのだが、残念だ。

海外VIPの大学訪問は持ち回り制らしく、サルコジ大統領が清華大、福田総理が北京大だったので、次は3番手の人民大だったらしい。

とすると、お次はどこになるのだろうか?
[PR]
# by dagege | 2008-01-18 03:06


鳥にご用心

鳥インフルエンザが人から人へ感染していたことを、中国政府は最近になってようやく認めた。

以前から怪しいと思われていたのが、ようやく認めたのだ。
もうあちこちで感染が拡大しているのかも。
4年前のサーズを思い出します。
あの時も、北京に患者がいることをなかなか政府は認めたがらなかった。
3月に全人代などがあって、それが無事に終わるまで隠していた。
そしてそれが終わった頃ようやく公表、もう北京にはたくさんの患者がいることが明らかになり、パニックに陥ったのだった。
今回もオリンピックに影響を与えないように、北京には絶対に患者がいないことにして隠し続けるんだろうな。

先月、鳥インフルエンザが発生した南京に行ってきたが、現地の人間は鳥インフルエンザのことなど、まったく気にしていなかった。
日本大使館や北京の日本人の友人からは絶対にニワトリに近づくなという注意のメールが寄せられたが、ニワトリに近づかないで過ごすというのは不可能なのだ。
こちらが避けようとしても避けられない。
街中のいたるところでニワトリと遭遇してしまうのだ。
南京の名物は塩水鶏とか桂花鴨だとかトリ類ばかり。
食堂へ行けば鶏肉を扱っていないところはない。
そして食堂では生きたニワトリをしめているので、檻に入れられた大量のニワトリが店に運び込まれるのをたびたび目撃した。

下の写真はたまたま捉えた微笑ましい光景。
レストランに運び込まれたニワトリが騒いでうるさいので、
f0152904_3283757.jpg

店の小姐が奥から出てきて
f0152904_3294551.jpg

箒でニワトリを黙らせています。
f0152904_330937.jpg



しかし、食堂に近づかなければニワトリを避けられるかといえば、決してそんなことはない。
ある日のこと、私と日本人の友人がバスに乗り、最近の鳥インフルエンザ問題について噂をしていたまさにその時、1人のおばさんが大きな布袋を持って私達の近くに乗り込んできた。
袋には2つの穴があいており、そこから2羽のニワトリが頭を出していた。

おばさんは市場で仕入れたニワトリを持ってバスに乗ってきたのだ。

鳥インフルエンザの噂をしていた時に、至近距離でニワトリと対面することになってしまいました。
あまりの衝撃に私達は固まってしまったが、周りの人々は全く気にする様子なし。
こんなのは日常の風景なのでしょう。
幸い私達は鳥インフルエンザを発症せずにすみましたが、こんな風にニワトリと日常的に接していれば、感染が拡大するのは避けられないだろう。

インフルエンザの季節を無事に乗り切ることを祈るばかりである。
[PR]
# by dagege | 2008-01-17 03:36


南京の歩き方

南京滞在中に行った観光スポットの備忘録。
私が独断と偏見でランク付をしてみた。

☆☆☆☆☆  ぜひ行くべき
☆☆☆☆    行っておいた方がいい
☆☆☆     普通
☆☆       つまらん
☆         金返せ

中山陵
孫文の墓です。めちゃくちゃ大きいです。
まさに皇帝の墓として設計されています。
孫文はそんなこと望んでなかったのにね。
見どころは孫文の棺の周りをぐるっと一周できることくらいです。
それだけです。
なのに入場料80元もしました。高すぎ…。
孫文の棺を一周するだけなのに80元…。故宮並みじゃんか。
国父で金儲けですか。貧乏人は国父を拝む資格はない模様。
付属施設として孫中山紀念堂、中山書院なるものがありますが、写真パネルとか複製品の服とかつまらないものばかりです。
孫文が着ていたスーツの複製品なんてガラスケースに展示する意味があるんでしょうか?
ただのスーツじゃんか。
80元は高すぎる。しかしこれが一応南京観光のメインなんだろうな。
南京人も中山陵以外は大したものがないって言ってたし。
一度行けばもう十分。
星4つにしておきますが、2度行く必要はないですね。
☆☆☆☆

美齢宮
国民政府主席官邸で蒋介石と宋美齢が住んでいたところ。
宋美齢が全面的に押し出されていて蒋介石は完全におまけ。
内部の展示は宋美齢をめちゃくちゃ持ち上げていた。
「危機の時代のファーストレディーとして国の威厳を保った」
いつから宋美齢を持ち上げるようになったんでしょうか???
歴史的建物の内部を見学できるので、行く価値はあるでしょう。
入場料15元。
☆☆☆☆

明孝陵
明朝の初代皇帝朱元璋の墓。一応世界遺産だけどこれといって見どころがない。
ちゃんとした展示がしてあるわけでも、地下宮殿に入れるわけでもない。
北京の明十三陵や河北の清朝の陵墓を見ちゃうと物足りないな。
それでも入場料は世界遺産級で70元。高いです。
☆☆☆

総統府
民国時代の大総統府。行政院も見学できる。
この場所は明代には漢王府、清代には両江総督府、太平天国時期には天朝宮が置かれた場所で、歴代の偉い人達がみんな選んだ場所。それだけあって見どころがいろいろあり、歴史好きにはたまりません。
各時代の展示もなかなか頑張っており、明、清、民国の歴史を概観することができる。
半日は十分楽しめそう。
有名な庭園煦園も散策できる。
入場料は40元と高めだが、中は広くて見ごたえがあるので、ぜひ行くべきでしょう。
ここになら星5つあげてもいいかな。
☆☆☆☆☆

瞻園
清代の布政使がおかれていた。
乾隆帝が江南を南巡した際に行宮とし、瞻園は乾隆帝が命名したもの。
太平天国時期は東王楊秀清の王府がおかれた。
太平天国歴史博物館があり、小さいながら展示はなかなかがんばっている。
瞻園も名園として名高い。
しかし、私は瞻園散策中にセメント罠にはまってしまったのだった…
個人的な恨みは置いておいて、、、ここは広くはないが、癒される場所。
街の喧騒に疲れた時に行くといいでしょう。
入場料15元、学生証が効いて7元で入れた。
☆☆☆☆

夫子廟
南京の孔子廟。周囲は土産物屋、飲食店、ブティックなどが並ぶ繁華街。
そんな街中に孔子廟はあった。
チケット28元で中に入ると無料ガイドはいらないかというねえちゃんが待ち構えていた。
無料ならば頼もうかということになったが、こいつは無料ガイドと称するただのセールスレディだった。
彼女が解説するものといえば、線香、お守り、おみくじといった商品ばかり。
しきりに買わないかと勧めてくるが、こちらが断ると露骨に嫌な顔をする。
立ち止まって廟内の物を見ていると、「私の解説を聞いてからあとでゆっくり見てね」などとせかせるが、文物に対する説明を求めてもろくに答えられない。感じの悪いことこの上ない。
だいたいからして、廟内にはろくなものがなかった。
大きな孔子の像がどーんとあり、その周りに弟子達の像があるだけだが、それらもいかにも最近作られた物っぽい。
玉細工の孔子の一生のレリーフはきれいだったが、セールスレディに急かされたせいでろくに見ることはできなかった。

廟の奥は南京の工芸品の展示館。
そこには南京名物雲錦の織り機があった。
3メートル以上はある大きなもので、職人が座る席もかなり高い位置にある。
織り機には「触る勿れ」と書かれた紙が張られていた。
ところが、中国人観光客グループはなんと、触るなと書かれた織り機の職人席によじ登り大はしゃぎしているではないか!
触るなと書いてあるのに登るか?!登るなとも書かなくてはいけないのか?!いや彼らは登るなと書いてもやはり登るんだろうな。
織り機はあまり頑丈な造りではなかった。こんなものによじ登って崩れて大怪我をするかもしれないという想像力は働かないのだろうか。たとえ大怪我をしてもまったく自業自得である。
あまりの光景に唖然とした私達がガイドのねえちゃんに、「あんなことしていいの?」と聞いたが彼女は、そんなの私の知ったことじゃないと言わんばかりの顔で「いいのよ」と、注意もせずに去っていった。
まったく、職員といい客といい、ひどいところだ。

さらにその奥には観光客目当ての土産物屋がずらっと並んでいる。
孔子廟らしさは微塵も感じられない、俗っぽい拝金主義的な空間だ。
しかもそこは外の街と直結していた。つまりチケットなど買わなくても裏から誰でも入れるのだ。
何も知らない観光客だけが騙されてチケット28元も払ってしまうのだ。
私達が払ったチケットから不愉快なセールスレディ達の給料が出ていると思うと、実に腹立たしい。
これが孔子廟だなんて、孔子様もさぞかし嘆いていることだろう。
行く価値なし。まさに金返せである。


江南貢院
科挙の試験場だった場所。往時は試験のための個室が2万以上あったが、ほとんどは取り壊され、ほんの一部だけが復元されている。でも少ししかない…。
個室には受験生の蝋人形が置かれているが、汚いし表情も変なので笑える…。
科挙に関する展示館もあるが、江南出身の著名人を紹介しているだけで、大した展示物はなかった。
入場料15元
☆☆

朝天宮
明代に文武百官が朝廷の儀礼を学んだ場所。時間帯によっては古代の儀礼を見られるそうだが、あいにく見られなかった。
境内には骨董市もたつ。
ここは南京市博物館になっている。
入って正面の建物は陶器などを展示しているが、薄暗くて展示もあまり力を入れていない印象。
脇の展示館には鄭和の航海に使用した船を製作したドッグ遺跡から出土した遺物が展示されている。こちらは当時の造船技術を伺えて興味深い。
これで終わりか、物足りないなと思って帰ろうとしたところ、脇奥にもう一箇所展示館があることに気づいた。実はそっちがメイン展示館だったのだ。危うくメインを見ずに帰るところだった。
こちらは展示に力を入れていて、古代から近代まで南京の歴史をだどれるようになっている。
入場料20元、学生証が効いて10元で入れた。
☆☆☆

南京博物院
こちらは江蘇省立の博物館。民国時代にナショナルミュージアムとして建設されたので建物は立派であるが…。正面の立派な建物は展示館ではなくて事務棟。事務棟にこんな立派な建物は必要ないだろう。
展示館は脇の建物。
所蔵品の中にはなかなかよいものもあり、漆細工などは彫りが細かくて見事だった。
ここの印象は、職員が怠慢であること。
開放時間5時までのはずなのに、5時前に客を強引に追い出そうとする。
4時半にはもう追い出しにかかり、さっさと別のフロアに行けと客の背中を押す。
4時50分にはすべての部屋を閉めて「出口はあちらです」。
こちらは5時までに出ればいいと思っていたからまだのぞきたい部屋があったのに、すべてシャッターを閉められてしまった。
5時というのは従業員が帰る時間で、客が帰る時間ではないのだ。
始めから開放時間4時50分までと書いておいてほしいものだ。
まあ中国はどこでもそうなのだろうが。
入場料20元、学生証が効いて10元で入れた。
☆☆☆

中華門
南京城の正門で、明清代には聚宝門と呼ばれていた。
明代の兵士の人形が飾られている。
登ると雨花台方面が見渡せる。みどころはまあ、高いところに登って街を見るくらいです。
城壁自体は最近復元されたものだが、内部の展示室には職人の名前入りの当時のレンガが展示してある。
他にも明代に関する展示がいくつかあったが、どれも簡単なもの。
ずっと同じものを張り続けていたためか、パネルが色あせてよく読めないものもある。
門の上には楼閣が3列にわたってたっていたが、近づくとそれはなんと1分の1サイズの張りぼてで、叩くとスカスカだった。
中山書院の巨大孫文像も張りぼてだったし、この街には張りぼてが多いな。
入場料15元、学生証が効いて10元。
☆☆☆

侵華日軍大屠殺遇難同胞紀念館
南京虐殺記念館です。ちょうど70周年リニューアルオープンだった13日に行ってきました。
午前9時頃、すでに門の前は大勢の人であふれかえっている。
大学や高校から動員された学生達が貸し切りバスで続々とやってきて、門の前は大混雑だ。
入場しようとしたところ、荷物は持ち込めないというので、預け場所を探しに一度退散。
荷物を置いてからもう一度並ぶが、すでに会場が収容人数をオーバーしてしまったとかで入場制限をされ、再び退散。午後出直すことにした。
午後3時頃、もうすいただろうと思って来てみたものの、まだ人でいっぱい。
入場はできたものの、陳列館の前で長蛇の列。
とりあえず並んだものの、中国人が次々と割り込んでくるのでなかなか入場できない。
ポジションを取った者が携帯電話で仲間達をどんどん呼び寄せるのだ。
割り込みを発見されて警備員に追い返されても、懲りずに何度でも割り込もうとしてくる。
私達の前に割り込もうとするやつがいたので、私が「並んで」と言ったが、そいつは退散するどころか、今度は私達のすぐ後に割り込んだ。私が「なんで並ばないの?」と言うと、そいつは悪びれもせず「お前の前でなければいいだろ」と言った。なんて面の皮が厚いんでしょう。

結局展示館に入るのに1時間半も並んだのだが、ようやく入れたと思ったら警備員が、「混んでいるから立ち止まらずに急いで見ろ」と急かす。
駆け足でざっとしか見られなかった。1時間半並んだのに見られたのは10分程度だ。
展示に関しては、前のを見ていないので比較できないが、最後の日中友好を謳うコーナーでODAのことを紹介していたので、日本側に一定の配慮はしているのだろう。
その日は全然展示を読めなかったので、後日改めてまた行った。
楽しい場所ではないが、南京に来たら中国側がどうゆう展示をしているか知るためにも行くべきだろう。
入場無料。
(入場無料というのが象徴的です。孫文の墓は80元もしたのに。孫文はブルジョワ革命とされているから高い入場料でもいいということでしょうか?一方、虐殺記念館はあれだけ立派な施設を作っても大衆を動員して行かせないといけないから無料なのでしょう)
☆☆☆☆

中国雲錦博物館
虐殺記念館のすぐ隣。南京特産の雲錦を展示した博物館というか、販売所。
入場無料なので、虐殺記念館の帰りにでも寄るといいでしょう。
古代の織物などの復元が展示してあります。織物の図柄などはきれいでした。
大きな織り機が何台もおいてある作業場があり、織物を作っているところを見せてくれるはずなのだが、私が行ったときは職人達はべちゃくちゃしゃべっているだけで、全然働いていなかった。
販売所のほうも、しつこく買え買え言われるのかと思いきや、販売員達はまったくやる気がなく、客が商品を見ていても知らん振り。見事にやる気のない場所だった。
☆☆

静海寺
鄭和の航海の褒美として永楽帝が建てた寺。鄭和記念館がある。
そしてここはアヘン戦争の南京条約の締結地。アヘン戦争の展示館もある。
鄭和記念館では、鄭和の功績を称え、鄭和の勧めで多くの国々が「朝貢に来た」と書かれていたが、その下の英語訳には"came to visit China"と書かれていた。
came to visit Chinaで朝貢するという意味になるのだろうか?
アヘン戦争展示館では、アヘン戦争物語の最後が香港返還でめでたしめでたしなのが印象的だった。
楽しみにしていた締結部屋は、最近の擬古調家具が置いてあるだけでなにもなかった。
以前は蝋人形が置いてあったそうだが、撤去した模様。
入場料20元
☆☆

燕子磯
長江が見渡せるポイント。乾隆帝も行幸し、御筆の石碑がある。
長江沿岸には工場がたくさんあり、煙を出していて、水もあまりきれいでない印象。
霧もかかっていてあまり見通しがよくなかった。この霧も汚染のせいなのだろうか?
楽しみにしていた長江だが、思ったほど感動できなかった。
長江を眺めて乾隆帝の石碑を見たら、もう見るものがなくなった。。
岩肌に詩などを彫ったスポットもあったが、最近に彫られた新しいものだった。
入場料8元
☆☆
燕子磯公園の周りは粗末なレンガ造りの民家がたくさんある。
そのなかの一画に最近取り壊したばかりで瓦礫になっているところがあった。
近くの壁にニュースが貼り付けられており、最近このあたりで立ち退きに反対した住民が、立ち退き会社の人間を殺害するという事件が起きたことが書かれていた。
あたりは寂しいところで、少し怖くなった。


今回訪ねた観光スポットは以上である。
☆5つを獲得したお勧めスポットは総統府のみ。
☆4つの行く価値があると判断したところは中山陵美齢宮瞻園虐殺記念館
☆3つの普通は、大して印象に残らなかったけど、時間があればどうぞというレベル。
これは明孝陵朝天宮南京博物院中華門
☆2つはやる気がない、もしくはさびれていて行っても面白くないところ。
江南貢院中国雲錦博物館静海寺燕子磯
そして栄えある最低ランク、行って損した金返せレベルに輝いたのは夫子廟でした。
夫子廟は周りの繁華街を歩けば十分。あんなところに金払って入る必要はまったくありません。

以上南京の歩き方でした。
[PR]
# by dagege | 2007-12-28 02:13


霧の街

12月9日、夜行列車で南京へ向かう。
今回は豪華に軟臥だ。硬臥より100元以上も高いだけあってすごいぞ。ベッドにテレビまでついている。でも流しているのはつまらなそうな映画ばっかり。上段は天井がガタガタうるさいし、硬臥と寝心地は大して変わらない。

10日、南京に到着。雨が降っている。北京よりは暖かいが、でもやっぱり寒い。北方と違いスチームがないので、建物の中が寒い。档案館へ向かうが、建物の中で足元から冷えてくる。
夕方、南京で日本語教師をしている方の紹介で留学生寮をとっていただく。ネット完備、24時間シャワー可能、無料洗濯機あり、ベッドマットも柔らかい。うちの寮よりいいかも。
住む場所が決まって一安心。

こうして南京での2週間にわたる生活が始まった。
基本的に平日は朝6時に起き、8時開館の档案館に行き、4時半まで調べ物。
休日は観光。

私達が南京へやって来た最初の週は寒波が来ていて特に寒かった。上は毛糸を2枚重ね着し、下はタイツと靴下を重ね履きしてなんとかしのいでいたが、それでも寒さに震えた。
天気は雨か曇りが多く、晴れた日も霧で霞み遠くが見えない。
南京ではよく霧が発生したが、これは大気汚染によるもののようだ。
ある朝、とんでもない濃霧が発生し一面真っ白になり、何も見えなくなった。
ほんの10メートル先の建物も見えないほどだ。
真っ白な街はどことなく不気味だった。
南京在住の日本人は、この時期はよく霧が発生するのでどうということはないと言っていたが。
この霧は汚染物質でできているのだろうか?
一説によると黄砂のようなものが飛び散ってできているというのだが、いずれにせよ人体にはよくなさそうだ。

メンバーのうち2人は南京の空気の悪さで頭痛、吐き気を催し、私は喉をやられてずっと辛かった。
空気に関してはオリンピック前で頑張っている北京の方がましなような気がする。
私はちょうど風邪が喉にきて苦しかったところに、南京の冷たくて汚い空気を吸い込み、ずっとゴホゴホ咳き込み、痰がからむという症状に見舞われた。
風邪なんて何年もひいていなかったのだが、油断した。

風邪をひいた原因はよくわかっている。
足を冷やしてしまったからだ。
16日に1人で瞻園を散策していて、庭園の奥の方の中国式の穴がボコボコあいた石を組み合わせた山まで来た。
山の中には小道が作られていて通り抜けられそうだった。
そこを通って地面に戻ろうと両足着地で飛び移ったところ、
そこにはとんでもない罠が仕掛けられていのだった。

突然、両足がズボッとくるぶし辺りまで沈んだ。
予想外の事態に、一瞬何がどうなったのかわけがわからなくなった。

なんとそこはセメントを流し込んで固める作業中だったのだ。
何の警告もなかった。
観光客が普通に行きそうなところなのに、「この先進入禁止」とも「注意」「警告」一切なかった。
なんて不親切なのだろう。まあそこが中国らしい。

もがきながら脱出したが、両足はセメントでドロドロ。
近くの店に入り靴を水洗いしたが、おかげでその日は半日ずっと濡れた靴で過ごすことになってしまった。
そして見事に風邪をひいた。

中国ではあちこちに罠が仕掛けられている。
まったく無警告にそれは待ち構えている。
塗りたてのペンキ、蓋のないマンホール。
この国では「警告」などというやさしさを期待してはいけない。
罠にはまったら、それははまった人間が馬鹿だということになる。
[PR]
# by dagege | 2007-12-26 13:51

    

北京に留学している格格の日記です。中国のおもしろ体験を紹介できたらと思います。格格はゲゲと読みます。満洲語の女性の敬称で、お姉さん、娘、お嬢さん、お姫様など場合に応じて使い分けられます。
by dagege
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧